不動産投資についての情報サイト

不動産投資とは

低金利の時代が長く続いていることもあり現在は資産運用に積極的な人が増えていますが、マンション経営などの不動産投資も安定した収入が期待できることで人気となっています。
とはいえ、初めての人はどのような方法で利益を上げていくのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
このサイトでは土地活用やマンション・アパート経営など様々な種類を紹介していきますので、土地活用や賃貸経営を検討している人はぜひ参考にしてください。

不動産投資の種類

不動産投資の種類 安定した収入が期待できる不動産投資ですが、その種類も実に様々です。
土地を持っており、できるだけ初期費用は抑えて不動産投資を行いたいという場合は駐車場経営も考えてみましょう。
この場合は建物が必要なく、土地を整備すればすぐにでも経営を始めることができますので初心者にも始めやすい方法です。
広い土地があるなら月極駐車場も検討していきたいところですし、コインパーキングなら極狭土地や変形した土地も活用しやすくなります。
資金により余裕があるなら、アパートを建設し、家賃収入を得るという方法もおすすめです。
土地を持っていない場合も中古マンションやアパートを購入して、それを他者に貸し出すこともできます。
多くの資金が必要というイメージもありますがワンルーム一戸からも始めることができ、比較的少ない資金からでも利益をあげられるチャンスがあります。

不動産投資が向いている人

不動産投資が向いている人 不動産投資は資産運用として活用できるのがメリットです。
基本的に不動産投資に向いている方は資産運用に興味のある人と言えるでしょう。
少ない自己資金を利用して大金を得ることが得意な方におすすめです。
また物件などの知識に精通している方にもおすすめできます。
なぜなら物件の運用をするときにはある程度知識が必要だからです。
物件には利回りが設定されていて、これはどれくらいの利益が出るのかを指します。
ただ物件は人がたくさん来ないと利益を出せないため、立地やこれから需要が増えるであろう場所などを把握しておかないといけません。
上記の知識があってこそ高い確率で利益を出せる物件を購入できるのが特徴です。
物件の運用が向いている方はある程度自己資金のある方で、それなりに収入もある方といえます。
失敗したときのリスクも考えるそれなりに収入があればリカバリーもしやすいです。
以上を理解して不動産物件を利用して利益を出しましょう。

不動産からアドバイスを貰うメリットについて

プロである不動産からアドバイスを貰うメリットは、会社ごとに扱っている物件やサービス内容は違いますし、担当者などでも異なりますが詳細まで調べて教えてくれ、様々なことでサポートをしてくれることも多いことです。本当に信頼できる不動産だと物件に関しても良い部分と悪い部分とどちらも教えてくれ、その上でどうするかを聞いてくれます。デメリットも知らないで契約をすると実際に住んだ時にトラブルになりますから、メリット・デメリットどちらも教えてくれるところが安心です。 アドバイスがしっかりしていると、こちらの要望にあったものが見つかりやすく、一般的に最初に希望条件を伝えてからそれからそれにあったところを紹介してくれますが、ここでも生活面で便利になるようなことも教えてくれたりします。プロの目線で最適な所を提案してくれ運が良ければ、要望以上の所が見つかることもありますし、それで納得できれば契約となります。最初はネットなどである程度絞り込んでから、不動産会社へ行くことになりますが、そこでも親切で丁寧、実績が豊富などの確認も欠かせません。

駅近の物件探しなら不動産会社選びも重要です

進学や転勤など、様々な事情で引越しが必要になることがあります。もちろん気分転換でも引っ越しをすることがあるでしょう。そんな時にどこで家を探すかというのはとても重要になってきます。今は何でもネットで調べられる時代ですし、賃貸物件においても不動産情報は流通していますのでネットで簡単に調べられます。しかし不動産の情報更新がまだされていなかったり、掲載されていない場合もありますので、直接問い合わせをする方が早いというケースもあるでしょう。駅近の不動産会社ですと、それぞれの地域に密着していて大家さんとの関係が強かったり、様々な情報も教えてもらうことが出来ます。ニーズに合った物件をすぐに紹介してもらうことが出来ますし、利用してよかったという方が圧倒的に多いです。ネットで探してから見学に行くという方法も有りますが、最初から飛び込んでみる方が思ってもいない物件と出会える可能性もありますしお勧めの方法と言えます。

地域密着型の不動産会社であればニーズに合った所を探せる

不動産会社はそれぞれの地域に密着していて、地域の情報も色々教えてもらうことが出来ます。引っ越した時にすぐに必要となるコンビニやスーパーがどこにあるのか、病院やクリニックについて、また子育てをされているのであれば学校の情報も家を借りる前に知りたいものです。地域密着の不動産会社であれば、ニーズに合った所を的確に紹介してもらうことが出来ますので安心です。口コミ評判なども参考に選んで行くと失敗リスクも減りますし、まずは口コミ評判なども見てみると良いです。ネットで不動産の情報は検索することが出来ますし、条件を絞って探すことも出来ます。しかし掲載されていない情報も中にはありますし、そういった情報は実際に不動産会社に行ってみないと分からないことも有ります。ぜひ実際に行ってみる事をおすすめします。その中で自分の条件に合ったところがきっと見つかりますし、地域密着店であれば、様々な情報も込みで紹介してもらえるでしょう。

不動産は物件選びが何よりも大切なポイントになる

不動産を購入するときは、高額な費用がかかるので慎重に物件選びをしないといけないです。不動産は安くても数百万円程度の価格で販売されているケースが多いので、購入してから後悔しても取り返しがつかないと考えられます。不動産の物件選びをするときに必要になるのが、各自で用意できる予算の範囲内で購入できる価格なのかを調べることになります。 どんなに質が高い不動産でも価格が高くて、予算的に購入するのが難しい場合は買うことはできないです。無理なローンを組んで買うと、途中でローン返済が滞ってしまうリスクがあり、結果的に競売にかけられるような事態になると大変だと考えられます。住みやすくて予算の範囲内で買える土地や建物を見つけることができた場合は、早めに会社側に問い合わせをして、購入の手続きに進むのが大切です。人気が高い物件になりますと、すぐに売り切れをしてしまう可能性もありますから、早い者勝ちで購入をしないといけません。

不動産を売却する際にに必要な書類について一式を紹介

不動産の購入と売却では、それぞれ求められる書類が異なります。売却する場合、不動産が本当に売り主の所有する者であることを証明したり物件の仕様(広さ・大きさ・間取りなど)を確認することで特定する項目が多くあるからです。具体的には物件が自分のものであることを証明する「登記済権利書または登記識別情報」「固定資産税の通知書」や、「土地測量図」「設備仕様書」「建築確認通知書」などです。もちろん実地調査をして現物の状態を把握することも購入の検討にあたっては、重要なポイントになります。なぜなら虚偽の書類を複製するという方法も可能であることと、法務局に登記を変更して初めて売り主本人では無いというケースも存在する多です。そして最後に必要なのが、双方の売買を行う契約書になります。売り主である本人と買い主である本人とが特定の土地・住宅に対して、いくらでいつまでに売るかなどを取り決めることで手続きが成立し引き渡されるためです。

不動産の所有者は登記簿謄本を見れば分かります

街を歩いていて欲しい不動産が見つかれば、売ってもらうために所有者と交渉しなければいけません。住宅が建っている土地ならインターホンを鳴らして所有者が誰なのか聞いてみる方法もありますが、空き地ならそうはいきません。
空き地になっていて所有者が誰だか分からない場合はどうすればいいのかというと、登記簿謄本を確認すれば所有者が誰なのかを知ることが出来ます。
不動産に関する権利は登記されていて、その内容を不動産ごとにまとめたものが登記簿謄本です。それを確認すれば所有者の氏名が記載されています。
どこに行けば手に入れることが出来るのかというと法務局です。目的の土地を管轄している法務局に行けば所得することが出来ます。
郵便での請求も可能なので、法務局を訪れるための時間が無いという場合は郵送請求を利用すると便利です。
ちなみに所有者以外の権利に関することも確認出来るので、気になることがあれば取得すると知ることが出来ます。

権利者をはっきりとさせるために必要な不動産の所有権移転登記

不動産の取引を終えたとしても、本当にその人がその物件や土地を所有しているかどうかはわかりません。本人が確実に所有しているような状態に見えたとしても、客観的な観点からはその事実が分かりづらいからです。
このような不動産の所有権をきちんと確定させるために必要なのが、所有権移転登記と呼ばれるものです。
これは、どのようなものであっても必要になるものなので絶対に手続きをしておかなくてはいけません。
例えば、所有権移転登記で特に大きなトラブルになるのが相続関連です。権利上は確かにその人に対して不動産を継承させる権利があるにも関わらず、その手続きをしていない場合には将来的な不動産取引を進めていくことができなくなる可能性があるからです。
権利関係上は亡くなった人の所有物になっていますので、本人がどれだけその所有権を主張しても客観的な観点からはそれを証明することができなくなります。
そのため、将来的なトラブルを回避するためにも法律的な観点から誰が所有権者であるのかということをはっきりとさせることはとても重要なことです。

不動産の売買や相続などの際に行われる境界確定とは

個人が不動産を所有する場合、当然ながらその権利はどこからどこまでかという明確な境界があってしかるべきです。
しかしながら、古い土地などの場合は境界を示す標識が何らかの事情で失われていたり、造成工事などの際に場所をずらしてそのまま放置されていたりすることがあります。
このような状態の土地をそのまま売ったり買ったり、あるいは相続したりすると隣人トラブルの原因になるおそれもあるので、改めて境界をはっきり決める必要が生じます。このような作業を、境界確定といいます。
境界確定は、現地の測量や関連する資料などを駆使して土地の境界線を明確にする手続きです。独力でできないこともありませんが、専門的な知識や測量技術などが求められるため、通常は測量士や土地家屋調査士などの専門家に依頼します。
隣接地の所有者との間で認識の一致が得られない時は、訴訟によって確定することもあります。
なお、この手続きを経ずに土地を売ることは可能ですが、その場合は境界が未確定である旨を明示する義務が不動産業者に生じます。

不動産を売買する際に支払う印紙税について

不動産取引を行う際は、物件の代金の他に仲介手数料をはじめとする諸費用の負担が必要となります。税金の支払いもそうした費用に含まれますが、その中でも売買契約の成立と同時に支払うのが、印紙税です。
この税金は、不動産を売買する際にその契約書を取り交わすという行為に対して課せられるものですが、不動産関連で言うと注文住宅を建てる際の工事請負契約書や住宅ローンの借入契約書などもその対象となります。
所定の額の収入印紙を購入し、契約書に貼付することで納税します。
税金の額は、契約書中に記載された金額に応じます。不動産売買契約書の場合、1万円以上10万円未満の200円から50億円超の60万円まで段階的に設定されています。
一般的な住居用物件の価格帯でいうと、500万円超1,000万円以下なら1万円、1,000万円超5,000万円以下なら2万円、5,000万円超1億円以下は6万円となります。なお、2024年3月31日までは軽減措置が設けられており、税額が安くなっています。

不動産を売却する時には仲介手数料が発生するので上限の確認は必須です

不動産売却を希望している方が、不動産会社と媒介契約を結んで購入者を募る方法では、必ず仲介手数料が発生するので事前に知識を得ておくと損をしない売却を行えます。
不動産会社はこの手数料が利益になることから当然ながら発生する料金になり、売却を依頼する側は宣伝や内覧など全てを任せられることで恩恵を受けることができるシステムです。仲介手数料は上限額が決められており、200万円以下であれば5%と消費税になります。
200万円から400万円以下の物件であれば4%と2万円、消費税が上限になり、400万円以上の物件であれば3%と6万円、消費税という計算式です。
通常は400万円以上になる物件が多い傾向にあるので、分かりやすい事例をあげると4,000万円で売却できた場合では、4,000万円×3%に6万円をプラスして消費税もプラスします。
この計算式では税込みで約138万円が上限額になるので、前もって計算をしてみてもしも150万円や180万円と提示された場合は、法的に無効になるので不動産会社と確認することが必須です。

不動産業を営むまでの一連の流れと必須になる認可の概要

独立起業で不動産業を営むことを検討している方は、自己所有の賃貸物件の管理業だけでは無資格で始めることができます。一方で他の賃貸物件の管理や仲介業、不動産売買を行うのであれば、宅地建物取引業の免許を取得すると同時に、宅地建物取引士の有資格者を社員に入れる必要性があります。
最初は事務所を設置し、会社設立の手続きを行うことと国土交通省か各都道府県知事の認可が必須になります。審査を通過することができた場合は、宅建協会への加入を済ませると営業を開始することができ、管理業や仲介業など賃貸物件の管理会社として利益を出すことを可能にします。認可を受けること自体は難しい内容ではありませんが、外部の司法書士に依頼をするとスムーズな許可申請を済ませることができます。個人事業でも開業はできますが、不動産業の場合は信用度というものが非常に重要視されるので、株式会社など法人化をする方法と自社のホームページを開設することで社会的信用度を高められます。

ブロックチェーン技術が不動産業界にもたらすもの

近年、さまざまな場所で話題になる機会が多いのが仮想通貨あるいは暗号資産と呼ばれるテクノロジーですが、不動産業界からも注目を浴びています。それは、仮想通貨を流通させる基本技術であるブロックチェーンが、不動産の分野においても活用できる可能性を秘めているからです。
ブロックチェーンは非常に専門性の高い技術ですが、簡単に言えばユーザーが何らかの取引情報を1かたまり(ブロック)のデータとしてネットワーク上に公開し、それを他のユーザーが検証・承認することで正当性を担保するというものです。これにより、中央集権的な管理体制を構築しなくてもシステムを運用できるので、効率化や低コスト化が図れるとされています。
この技術は、たとえば賃貸物件の流通や管理などに応用することができます。従来は物件所有者や仲介業者、広告会社、管理会社などが個別に情報をやり取りする必要があったのが、ネットワーク上で情報の一元管理ができるようになります。売買情報の管理にも利用できると期待されています。

不動産の購入時に適用される団体信用生命保険のメリット

住宅を始めとした不動産の購入で住宅ローンを利用する人はたくさんいます。ローンは高額な買い物で有効な手段ですが、不動産などの完済までの期間が長い商品は、不測の事態が起こることも少なくありません。比較的多い事例として、返済中に病気や事故などで契約者が亡くなってしまうなどがあります。
こうした返済時のトラブルに備える目的で、不動産の購入時に加入が義務付けられているのが団体信用生命保険です。総称を略して団信と呼ばれることもあるこの保険は、契約者が返済できなくなった時に肩代わりをしてもらえます。残された家族がローンの負担を背負う必要もなく、適用された時点で完済扱いになるのがメリットです。
通常、加入している保険が満期を迎えて一時金を得た場合、一時所得に該当するので所得税を納めなくてはいけません。団体信用生命保険には所得税の納税義務がなく、支払いが免除されます。一般的な保険商品に比べて金額は高めですが、それに見合うだけのメリットを得られるのが団信の魅力です。

VRを利用して不動産の内見を行うメリットとデメリット

IT技術の進化に伴って、不動産の内見にVRを導入する会社が増えています。IT技術を不動産の内見に活用する大きなメリットが、時短効果です。
パソコンや携帯電話など、インターネットに接続できる環境が整っていれば、遠く離れた場所でも間取りや設備を確認できます。映像の再現技術が向上しているので、直接自分の目で見るのとほとんど変わりません。物件まで足を運ぶ時間や手間を省ける点は、VRならではの魅力です。
ただし、確認ができるのは物件の内装だけに限定されます。家の外装はもちろん、周辺環境などをチェックすることはできません。住宅を購入する時は、最寄り駅までの所要時間や、買い物などの利便性も大事なポイントです。内見で知れる情報が限られてしまうのは、デメリットと言えます。慣れていない人が長時間利用すると、酔いなどの体調不良を起こすこともあるので注意が必要です。そのほか、導入にかかるコストが高いなど、不動産会社側にもデメリットはあります。

長期型不動産を賢く運用するための秘訣について

長期型不動産を運用していくために必要な点として、需要が一定程度見込める物件をライフスタイルに左右されない間取りで構築していく方法があります。
もう一つの方法として、移り変わりを利用して同じライフスタイルを狙うという方法です。具体的には前者は主に二人暮らしを想定しているもので、主に子育てが一巡した世帯をターゲットにしたものになります。生活に変化があまりないので、一定程度の収入が見込まれているようであれば長く住み続けてくれることが期待できるでしょう。一方の後者の場合は、ワンルームマンションのように独り暮らしを始める人に向けた不動産です。比較的利便性の高い都心部であれば有効な手段で、そのまま独り暮らしを続けても結婚などで退去しても次の人が入りやすい環境なので効率よく収益を得ることができます。特に近年ではスマートシティーとよばれる集まって暮らすような生活様式が増えることが見込まれるため、期待できるのです。

新規不動産建設が供給過多の一途を辿る時代背景

近い将来、日本は超少子高齢化社会となることが統計データなどによる予測からもほぼ確実となっています。存命している人々の年齢層の多くが高齢者であり、相反して将来を担う若年世代はおろか生まれてくる子供たちの数も減少傾向に歯止めがかかっていないのです。そんな時代でさえ、不動産業界に於いては分譲マンション等の新規住宅の開発は止むことがありません。
では、将来的な住人の減少傾向にも関わらず住宅の数が増加を続ければどういったことが予想できるでしょうか。先ず以て住宅の供給過多に伴う空き家の増加は容易に想像できるものです。
新規不動産が増えたとて、住人となり得る人々からの需要が無ければ意味をなさないと言っても過言ではありません。そう、供給過多になるだけであれば徒労に終わるより他ないのでは、という思いを禁じ得ません。
それに伴い、空き家が増加することで東京五輪開催前に懸念されていた民泊問題についても再度警鐘を鳴らす必要性が生じますし、ともすれば法の目を掻い潜り入居された住居をこそ犯罪拠点となり得る危険性すら内包するものです。
何れにせよ、地球温暖化や人口減少が進む現代だからこそ、新規不動産開発に重きを置くのではなく現存する住宅全般の維持管理に注力し、SDGsの理念に適合することは一つの正解ではないでしょうか。

民泊施設の運営は新しいタイプの不動産活用法

投資としての不動産活用といえば、一般的には物件の売買によって利益を得るキャピタルゲインと、物件を保有し続けることで利益を得るインカムゲインという2つの収益パターンがあります。そして後者については、賃貸住宅を運営して家賃収入を得るというのが基本的な手法となっていました。
ところが近年では、これに民泊という新たな手法も加わり、注目を集めるようになっています。民泊とはホテルや旅館といった宿泊専用施設以外の施設に人を泊めることをいい、以前はさまざまな制限がありましたが、現在では関連法規も整備されて事業化も可能です。宿泊希望者と施設とをマッチングさせるウェブサービスも、人気を博しています。
この事業では、通常の戸建て住宅やマンションなどを宿泊施設に転用し、利用料収入を獲得することができます。
また、賃貸物件と短期滞在用の物件とでは求められるニーズが異なるため、これまで賃貸住宅に利用してきたがあまり人気のなかった物件にも多くの利用者を獲得するチャンスがあります。こうしたことから、新たな不動産活用法として注目を集めているのです。

不動産の資産保全を行う理由やメリットについて

通常不動産は購入した時点からどんどん資産価値が減って行き、そのまま何もしないと新築の物件を買っても20年前後で建物自体の資産価値は無くなります。
そんな不動産の価値を出来るだけ下げないようにするために、資産保全を行うサービスがあります。不動産の資産保全を行うサービスでは、出来るだけ建物を老朽化させないために、例えば日光や風雨にさらされて建物の外壁にヒビが入らないように、定期的にメンテナンスを行って屋根や外壁の塗装工事を行なったり、資産の老朽化を遅らせてくれます。
その結果20年経てば資産価値がゼロになると言われている建物の価値を、より長く維持する事が出来ます。
それ以外にもメリットがあって、売らないで仮に住み続けた場合でも、屋根や外壁などのメンテナンスを行う事で、建物の雨漏りを防ぐ事が出来たり、建物の外見を綺麗に維持できるので快適に居住する事が出来ます。また不動産ローンの組みなおしを行う時にも、より高額に査定して貰えて有利な住宅ローンが組めます。

不動産はインフレーションの状況下で大切な資産を守ってくれる

インフレーションの状況にあるときは、不動産への投資は資産の有効な保全手段になります。インフレーションになれば現金の価値が下がっていくので、タンス預金では資産が目減りしていきます。
何らかの対策をとって、大切な資産を守らなければいけません。株式などで運用する方法もありますが、どこまで続くか分からない状況で、利回りが固定している債権では対応しきれない可能性があります。
株式の場合は対象の会社の業績が悪ければ株価の上昇は見込めないので、対策としてはリスクが高くなってしまいます。
その点、不動産なら市場の状況が変わらない限り、自然と価格が上がっていく傾向が強いです。建物の数は増えることがありますが、土地は基本的に増えません。購入する対象の数が増えずに、購入希望者だけが増えれば価格は当然上がっていきます。
現金で持っていると価値が下がっていくという経済状況においては、不動産に形を変えておけば将来的な不安を解消できます。

高度成長期に不動産の価格が上昇した理由について

不動産の価値が上昇する理由は将来値上がりすると考える人がいるのが原因です。これまで高度成長期の中で3回急激な成長をした時期がありますが、昭和30年代と昭和40年代、昭和から平成に変わるバブル時代は価格が上昇して世間も景気の波で羽振りの良い生活をする人がいました。
しかし常に価値が上昇するわけではなくて浮き沈みを繰り返しながら上昇するので、これから先の将来も不動産の値上がりする事が期待できます。
世界の状況は毎年経済成長をしているので多くの価値が値上がりして、物価や賃金の上昇も50年前に比べて1.5倍以上になりました。これは不動産だけが恩恵を受けるわけでなく、関わりのある会社や国が恩恵を受けて経済成長する事になります。値上がりする理由は人やお金が集まると需要関係で成立する事は必然です。
需要があって供給が追い付かない場合や制限された場合は価格が上がる事で問題が解決する場合がほとんどですから、条件を精査して不動産投資する事は良い選択です。

新規不動産建設が供給過多の一途を辿る時代背景

近い将来、日本は超少子高齢化社会となることが統計データなどによる予測からもほぼ確実となっています。
存命している人々の年齢層の多くが高齢者であり、相反して将来を担う若年世代はおろか生まれてくる子供たちの数も減少傾向に歯止めがかかっていないのです。
そんな時代でさえ、不動産業界に於いては分譲マンション等の新規住宅の開発は止むことがありません。
では、将来的な住人の減少傾向にも関わらず住宅の数が増加を続ければどういったことが予想できるでしょうか。
先ず以て住宅の供給過多に伴う空き家の増加は容易に想像できるものです。
新規不動産が増えたとて、住人となり得る人々からの需要が無ければ意味をなさないと言っても過言ではありません。
そう、供給過多になるだけであれば徒労に終わるより他ないのでは、という思いを禁じ得ません。
それに伴い、空き家が増加することで東京五輪開催前に懸念されていた民泊問題についても再度警鐘を鳴らす必要性が生じますし、ともすれば法の目を掻い潜り入居された住居をこそ犯罪拠点となり得る危険性すら内包するものです。
何れにせよ、地球温暖化や人口減少が進む現代だからこそ、新規不動産開発に重きを置くのではなく現存する住宅全般の維持管理に注力し、SDGsの理念に適合することは一つの正解ではないでしょうか。

民泊施設の運営は新しいタイプの不動産活用法

投資としての不動産活用といえば、一般的には物件の売買によって利益を得るキャピタルゲインと、物件を保有し続けることで利益を得るインカムゲインという2つの収益パターンがあります。
そして後者については、賃貸住宅を運営して家賃収入を得るというのが基本的な手法となっていました。
ところが近年では、これに民泊という新たな手法も加わり、注目を集めるようになっています。
民泊とはホテルや旅館といった宿泊専用施設以外の施設に人を泊めることをいい、以前はさまざまな制限がありましたが、現在では関連法規も整備されて事業化も可能です。
宿泊希望者と施設とをマッチングさせるウェブサービスも、人気を博しています。
この事業では、通常の戸建て住宅やマンションなどを宿泊施設に転用し、利用料収入を獲得することができます。
また、賃貸物件と短期滞在用の物件とでは求められるニーズが異なるため、これまで賃貸住宅に利用してきたがあまり人気のなかった物件にも多くの利用者を獲得するチャンスがあります。
こうしたことから、新たな不動産活用法として注目を集めているのです。

不動産の資産保全を行う理由やメリットについて

通常不動産は購入した時点からどんどん資産価値が減って行き、そのまま何もしないと新築の物件を買っても20年前後で建物自体の資産価値は無くなります。
そんな不動産の価値を出来るだけ下げないようにするために、資産保全を行うサービスがあります。
不動産の資産保全を行うサービスでは、出来るだけ建物を老朽化させないために、例えば日光や風雨にさらされて建物の外壁にヒビが入らないように、定期的にメンテナンスを行って屋根や外壁の塗装工事を行なったり、資産の老朽化を遅らせてくれます。
その結果20年経てば資産価値がゼロになると言われている建物の価値を、より長く維持する事が出来ます。
それ以外にもメリットがあって、売らないで仮に住み続けた場合でも、屋根や外壁などのメンテナンスを行う事で、建物の雨漏りを防ぐ事が出来たり、建物の外見を綺麗に維持できるので快適に居住する事が出来ます。
また不動産ローンの組みなおしを行う時にも、より高額に査定して貰えて有利な住宅ローンが組めます。

不動産はインフレーションの状況下で大切な資産を守ってくれる

インフレーションの状況にあるときは、不動産への投資は資産の有効な保全手段になります。
インフレーションになれば現金の価値が下がっていくので、タンス預金では資産が目減りしていきます。
何らかの対策をとって、大切な資産を守らなければいけません。
株式などで運用する方法もありますが、どこまで続くか分からない状況で、利回りが固定している債権では対応しきれない可能性があります。
株式の場合は対象の会社の業績が悪ければ株価の上昇は見込めないので、対策としてはリスクが高くなってしまいます。
その点、不動産なら市場の状況が変わらない限り、自然と価格が上がっていく傾向が強いです。
建物の数は増えることがありますが、土地は基本的に増えません。
購入する対象の数が増えずに、購入希望者だけが増えれば価格は当然上がっていきます。
現金で持っていると価値が下がっていくという経済状況においては、不動産に形を変えておけば将来的な不安を解消できます。

高度成長期に不動産の価格が上昇した理由について

不動産の価値が上昇する理由は将来値上がりすると考える人がいるのが原因です。
これまで高度成長期の中で3回急激な成長をした時期がありますが、昭和30年代と昭和40年代、昭和から平成に変わるバブル時代は価格が上昇して世間も景気の波で羽振りの良い生活をする人がいました。
しかし常に価値が上昇するわけではなくて浮き沈みを繰り返しながら上昇するので、これから先の将来も不動産の値上がりする事が期待できます。
世界の状況は毎年経済成長をしているので多くの価値が値上がりして、物価や賃金の上昇も50年前に比べて1.5倍以上になりました。
これは不動産だけが恩恵を受けるわけでなく、関わりのある会社や国が恩恵を受けて経済成長する事になります。
値上がりする理由は人やお金が集まると需要関係で成立する事は必然です。
需要があって供給が追い付かない場合や制限された場合は価格が上がる事で問題が解決する場合がほとんどですから、条件を精査して不動産投資する事は良い選択です。

不動産投資についての情報リンク

さいたま市の不動産情報サイト

新着情報

◎2023/12/07

情報を更新しました。
>新規不動産建設が供給過多の一途を辿る時代背景
>民泊施設の運営は新しいタイプの不動産活用法
>不動産の資産保全を行う理由やメリットについて
>不動産はインフレーションの状況下で大切な資産を守ってくれる
>高度成長期に不動産の価格が上昇した理由について

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>新規不動産建設が供給過多の一途を辿る時代背景
>民泊施設の運営は新しいタイプの不動産活用法
>不動産の資産保全を行う理由やメリットについて
>不動産はインフレーションの状況下で大切な資産を守ってくれる
>高度成長期に不動産の価格が上昇した理由について

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>不動産業を営むまでの一連の流れと必須になる認可の概要
>ブロックチェーン技術が不動産業界にもたらすもの
>不動産の購入時に適用される団体信用生命保険のメリット
>VRを利用して不動産の内見を行うメリットとデメリット
>長期型不動産を賢く運用するための秘訣について

◎2022/9/16

情報を更新しました。
>不動産の所有者は登記簿謄本を見れば分かります
>権利者をはっきりとさせるために必要な不動産の所有権移転登記
>不動産の売買や相続などの際に行われる境界確定とは
>不動産を売買する際に支払う印紙税について
>不動産を売却する時には仲介手数料が発生するので上限の確認は必須です

◎2022/4/22

情報を更新しました。
>不動産からアドバイスを貰うメリットについて
>駅近の物件探しなら不動産会社選びも重要です
>地域密着型の不動産会社であればニーズに合った所を探せる
>不動産は物件選びが何よりも大切なポイントになる
>不動産を売却する際にに必要な書類について一式を紹介

◎2019/12/5

不動産投資には周辺調べが必要
の情報を更新しました。

◎2019/10/29

確定申告では注意
の情報を更新しました。

◎2019/9/25

周辺の治安も調べる
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

優良物件を見分けるコツ
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

不動産業界の専門用語
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「不動産 種類」
に関連するツイート
Twitter

不動産投資トレンド最新記事】メタバースオフィスとは?導入のメリットや機能、導入事例を紹介 ・メタバースオフィスの種類 ・メタバースオフィスに備わっている機能

鉄鉱石 - Wikipedia 木は、植樹すれば何とか また生えてくれる木も種類は限定 されますけど、何とかそれで 凌げますが、石はそう言う訳には 行きません。 この動産と不動産の御交換は、 それぞれの地域の番人を萬人として 決めておりましてね。名産と言うか‥ 製造もそこの

宅地建物取引業の種類宅地建物取引業には、不動産仲介業、不動産管理業、不動産鑑定業があります。

返信先:取り扱う不動産種類と企業集団内の役割によると思います

返信先:やっと父が早く売却って言い出して(←散々出て行かないってゴネてたのに突然w) 今 猛スピードで簡易査定からの内覧査定アポ入れして、不動産売買の種類とか諸々の簡易情報頭に入れて…ってやってます🏃‍♀️💨 なんとか無事に追い出してからの売却スタートできるよう祈っててください!